クリップ生活の知恵

東北から上京して頑張っている就活生による東京生活の知恵

自由な活動が出来る通信制高校の説明と具体的なメリット

通信制高校についての説明とメリット

通信制高校は、例えば何らかの家庭事情及び個人的事情を抱えた人達、もしくは自由な活動をしながら高校生活を送りたい目的をもった人達のために高校卒業資格が与えられるよう目的をもった制度の高校です。
公立高校のほか私立高校もあり大体比率的には同じ程度あります。
テストは通信制であっても共通してあり受けますが、通常の高校制度と違う点として単位制でレポートの提出義務が数十ほどあり、スクーリングという年間で数日から1か月程度の各高校で定められた登校日に学校の施設へ集まり学校からの通知をうけたり、または授業を受けることが特徴といえます。

スクーリングの日数や形態については各高校によってまちまちです。

集中スクーリングといい年間で一週間だけ集中的に学校の授業を受けさせる、という理念の高校もありますし週のうち決められた数日登校するような高校もあります。
スクーリングの登校日は広域から集まってくる生徒たちと知り合い、幅広い交流関係ができるチャンスです。
また、本校の施設とは別にいくつかの場所に学習センターをおきそこで通信制での授業を受ける他の生徒たちとのコミュニケーションを図る場を設けている高校もあります。

自由な活動時間の確保が魅力です

単位制ということで留年についての概念は基本的にはなく、年間で74単位以上の取得をすることで高校卒業資格が与えられます。
通信制高校を受けるメリットは、通常の高校で生徒たちが送っているような決められた時間過ごす高校生活とは別の活動の部分のために時間を多く取りたい場合などに効果を発揮します。
以前は郵送によって学校から送られてきた授業素材や資料を元に勉強をこなしていく形態が主流でしたが、近年ではインターネット技術の発達によってネット配信などを積極的に行いメールでやりとりしながら授業を進めていく学校も増えてきています。

クリップ生活の知恵コンテンツ一覧