クリップ生活の知恵

東北から上京して頑張っている就活生による東京生活の知恵

東京で薬剤師になることについて考える

東京で働きながら薬剤師になった

薬剤師になるには偏差値の高い大学で薬学部を選考し、医学に関する科目の試験を受けて知識を身に着けた後で、薬剤師の資格を得ることができる薬剤師国家試験に合格しなければなりません。
しかし最近、薬剤師の仕事はバイトからでも目指せるようになってきました。
勤めている病院で薬学の修行を何年も行った後で自動的に国家試験を受けることが可能なのです。
薬剤師 資格に合格すれば次の日からはバイトではなく正社員として扱ってくれます。

薬剤師の勤務内容と就職状況

薬剤師の仕事は自分の勤めている病院の医師が調合した薬の処方箋を元に、患者に適合できる薬を投与させるのが仕事なので、本来の病院の仕事とは若干異なります。
またこの仕事を募集している病院は時期によって変わっており、一番多いとされるのは就職希望者が多い夏頃になるので、応募者の数が募集している病院の数より上回ることがあります。
この仕事の就職希望者が病院に応募できる方法としてインターネットの中にある求人サイトや求人情報誌をこまめにチェックして自分の希望している病院に何件も応募できます。

資格試験よりも採用試験の方が難易度が高いのが特徴です

しかし薬剤師の採用試験は普通の医者や看護師の試験とは違い、かなり難易度の高い物になります。
ですので、採用試験が行われる半年前くらいから医学の勉強をしておく必要があります。
また病院によっては応募の数が募集の数より多い場合、採用試験の前に実力テストを行って応募者を減らす手段を取りますが、実力テストは出されている問題の半分以上を正解すれば採用試験を受ける権利が与えられます。
薬剤師の採用試験に出てくる問題内容は、薬学に関する問題が多いので書店で薬学の知識が書いてある参考書を購入し、病院で使われる薬の種類や効果を覚えておく必要があり、できれば薬の調合も覚えておくと役に立ちます。

クリップ生活の知恵コンテンツ一覧